2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
[BOARDLIST_5_150_/images/250/leftdot.gif]
楽天ペイ
 
お知らせ

2020/02/06

Steelseries ゲーミングメガネ


ブランド紹介

Steelseries(スティールシリーズ)は2000年に総スチール製マウスパッドを発売する所からスタート。その後もゲーミングデバイスに振った製品を作り続け、プロゲーマーを中心にEスポーツアスリートに好まれる商品を作り続けてきている。
いたるところでゲームを楽しんでいらっしゃっるeスポーツプレーヤーや情熱的なゲーマーのニーズに応えるために、特別設計を施した画期的な新製品を生み出すことでゲーミング業界に刺激を与えてきました。



ブルーライトカット高機能レンズ『UV420』搭載

標準レンズは従来もPCレンズ「UV400」に比べ、目の安全保護を考えて開発された次世代レンズ「UV420」を搭載。e-sportsのゲーム画面から発する、目に有害なHEV(高エネルギー可視光線)の400〜500mmの波長帯領域のHEVカット効果が断然に違います。
目に優しい効果を実感してください。(個人差はあります)



急拡大する「e-sports」

近年、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える「e-sports」が世界中で大きな盛り上がりを見せています。
市場も爆発的に拡大していて、オランダの調査会社Newzooによれば、2018年には世界全体で約1000億円に達し、2021年には1800億円超に達すると言われています。
「e-sports」は、2024年に開催されるパリオリンピック・パラリンピックの新種目としても採用が検討されていて2022年アジア競技大会(杭州)では、正式にメダル種目として採用されることが決まっています。




ゲーマーの目を守るアイウェア

「e-sports」に取り組む方たちがモニターに向き合う時間は1日10時間とも言われています。
長時間のゲームによりかなり目を酷使されていますが、不思議なほどに“アイケア”が行われていないのが現状です。
そこで弊社ではゲームを楽しむのに適した目に有害なブルーライトをカットする「e-sports」専用アイウェアを開発しました。テンプルにはシリコンラバーを採用し、自分の耳の形状に合わせて自身で変形させ、フィッティングさせることが可能です。長時間ヘッドセットを使用することを想定した設計。長時間併用しても痛みが少なく長い時間ゲームをしても疲労が発生しにくくなります。
 

540view

次へ リストを見る
 

ページトップへ